インド占星術とはなにか

インド占星術を一言で表すならば、『全てお見通しだ!』です。

インド占星術で鑑定していると、よく『なんで分かるんですか?』と言われます。

なぜこんなにもインド占星術が当たるのか、それは長い歴史の中で培われた技術であるから。インド占星術は古くから経典として残されています。その経典を多くの師(グル)が研究し続けてきました。

インド占星術に限ったことではありませんが、占いは、当たるからではなく、どう活かすかが大切です。インド占星術を表すJYOTISH(ジョーティッシュ)とは、未来を照らす光のことです。そんな未来を照らす光、インド占星術について、詳しく解説していきたいと思います。

◯詳しい歴史や仕組みなどには興味がない!今すぐ鑑定して!という方は「鑑定依頼」へ
◯インド占星術の鑑定を受けた人の鑑定事例を知りたい方は「鑑定事例」へ
◯インドについての雑話を読みたい方は「ブログ」へ

インド占星術の歴史

インド占星術のルーツはメソポタミアだともバビロニアだとも言われています。このあたりの詳しい話は専門外なので語れないのが残念ですが、世界の占いはほぼバビロニアあたりがルーツです。バビロニアで生まれた占星術が旅をしながらその土地の風土に合わせて変形していったというのが一番しっくりきます。

ヨーロッパの方に渡っていったものは、西洋占星術に。インドに到着したものがインド占星術に。もしかして中国へも伝来したのかも?と考えてみると面白いですよね。

中国の古い占星術といえば六壬神課や四柱推命がありますが、北斗七星を基準にしているものなどは中国独自なのかもしれないとも思います。しかし、紫微斗数などはインド占星術にとても近いと感じるので、ルーツが同じと言われても違和感はないのです。

インド占星術はヴェーダという考え方の中にあります。ヴェーダはインド哲学に基づく体系のことで、インド占星術(ジョーテッシュ)はその一分野になります。日本人にも馴染みの深いアーユルヴェーダもこのヴェーダ体系の中の重要な要素の一つです。

インドに於いて、インド占星術は科学の1分野であり、深く学ぶものとしての位置づけがされています。

◇インドのカースト制度

インドの事を知るときに決して切り離せないのがカーストです。

インド占星術はバラモンの階級だけが知ることのできる学問でした。それを1900年代後半、やっと民間人でも勉強できるようにと学校が建てられたのです。(BIV)

◇インド占星術とK.Nラオ

インド占星術を学ぶとき、K.Nラオを抜いて語ることはできません。ラオ先生はインド占星術を学ぶ学校を創設した一人です。インド占星術会において、多大なる尽力を果たした功労者です。

今出版されているインド占星術の本は殆どがラオ先生の著書、と言っても過言ではありません。日本で販売されているインド占星術の本もラオ先生のものか、チャラクか、マークボニーです。

なお、日本語訳されているインド占星術の本はごくわずかなので、独学が難しい占術といえます。

・K.Nラオの略歴

優れたインド占星術師であった母より幼少期からインド占星術の知識を教えられる。会計士を引退した後に、インド占星術を本格的に始め、数々の研究をすすめる。ある占術に悩んでいたある日、バスの中で他所の地域のバラモンが現地語で雑談していたのをたまたま耳にし、それが大きなヒントとなり、研究が一気に進んだ。それは本「」にまとめられ、その後のインド占星術に大きな影響を与える。インドのデリーにインド初のインド占星術の専門学校BIVを設立する。現在は引退されてニューデリー市内に隠居されている。YOUTUBEにもいくつか動画が公開されているのでその姿を見ることができます。お髭が長く、仙人のよう…。ラオ先生の言葉の中でとても印象的なのは、『運の悪い占い師に占わせてはいけない』というものです。占い師自信が良き星の配置のもとになければ相談者を正しく明るく光りがてらす道に導くことはできないという考え方は、私自身の基本軸として先生の言葉と共にあります。

占いの種類

みなさんが一概に「占い」と呼ぶものは大きく「命術」「卜術」「相術」の3つに分類されます。

命術:誕生日(出生時間・出生場所も含む)を使って命式と呼ばれる表を作成し占断するもの。(西洋占星術・四柱推命・九星気学など)
卜術:「その時」偶発的に顕現する事象をもとに占断するもの。(タロット・竺仙・ダイス・ルーン・ダウジングなど)
相術:現れ方(相)を観て占断するもの。(手相・顔相・家相など)

インド占星術は「命術」になります。インド占星術の鑑定には誕生日・出生時間・出生場所のデータが必要です。

◇誕生日以外のデータを知るには?

日本には自分の誕生日がわからないという方はほとんど居ないでしょうが自分の出生時間や場所はわからない、という人は多いと思います。占い好きさんであれば、予め調べてくる方も多いのですが、そうでない方がほとんどです。

インド占星術で観てください、と言いながら「生まれた時間はわかりません」という方は少なくありません。たとえば対面鑑定にいらっしゃる相談者さんのほとんどは出生時間を知りません。

それでは、自分の出生時間を知るにはどうしたら良いのでしょうか?

一番簡単なのは、「お母様にお聞きになること」です。母子手帳やへその緒が保管されていないかお聞きになってください。

母子手帳には出生に関する細かい情報を記載することになっています。母子健康法が施工された昭和40年以降に生まれた日本人は母子手帳の記載が義務付けられています。それ以前にも母子妊産婦手帳・母子手帳というものがあったようです。(昭和17~)母子手帳には・出産日時・出産した病院の記載があります。これが一番確実な自分の出生日時と出生場所を確認する方法です。

しかし、様々な理由で母子手帳がなくなってしまうことも多々あります。この場合でもへその緒が残っているときには、へその緒の箱に記載されている場合があります。

◇母子手帳もへその緒もない場合の対処方法

1)母親、当時を知る人に聞く母親は出産に対しての記憶がしっかりと残っているものです。何時何分かを覚えていなくても「朝方だった」「夜中だった」といったことは覚えている事が多いです。何時何分までいかなくても、朝の4~6時位までの間、など少しでも絞り込める要素があれば時刻修正の助けになります。

2)出生時刻修正を行うどうしてもわからない場合は、仮に12:00:00でのチャートを作成します。しかし、インド占星術では2時間違えば全く違った結果になります。そこで、時刻修正という特別な技法を用いて出生時間の特定をします。それでも記録にある情報ではないのはご承知おきいただかなくてはいけない部分になります。

★時刻修正に関するお話はこちら

インド占星術の命式(ホロスコープ・チャート)

この画像はインド占星術のチャートになります。

インドということでマハトマ・ガンジーのチャートを出してみました。

日本人にはガンジーはあまり馴染みがないかもしれないですが、インドで最も有名な人物と言えると思います。

さて、これを見てどう思ったでしょうか?「これがホロスコープ?」「これで何がわかるの?」「ただの四角と記号」素直に「なんだこれ?」かもしれませんね。ちなみに私は初めてインド占星術のチャートを見たときの感想は「なんだこれ?」でした。簡素すぎてびっくりしたのを覚えています。

普段、目にする機会があるとすればそれは円が12分割されて惑星の記号が書かれた西洋占星術のチャート(ホロスコープ)ではないでしょうか。

(西洋占星術のチャートの図)

西洋占星術のチャートは見ているだけでもなんだかワクワクしませんか?私はワクワクします。

2つを並べてみました。四角と円形という決定的な違いがあるように見えますね。見た目には全く違うもののように見えます。 
                                                                                                                    しかしインド占星術と西洋占星術には共通している部分も多いのです。共通部分、決定的な違い、そして占いの鑑定に関する違いなどについて詳しく見ていきましょう。

インド占星術と西洋占星術の違い

  インド占星術 西洋占星術
ハウスの数 12 12
使う天体数 太陽・水星・金星・月・火星・木星・土星・ラーフ・ケートゥ 太陽・水星・金星・月・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星・ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル・その他
春分点 歳差運動を考慮 牡羊座1度で固定
星座帯 サイデリアル トロピカル
方式 イコールハウス方式 アスペクト重視

1)使用する惑星の数見た目でわかる違いとして、一番に挙げられるのは使用する惑星の数でしょう。西洋占星術では12の惑星とドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの計14個、他にもキロンなどを含めるともっと多くの天体を扱います。対してインド占星術で使用するのは7つの惑星と西洋占星術のドラゴンヘッド・ドラゴンテイルに当たるラーフ・ケートゥの9つです。
2)星座帯(星座帯の画像を入れる)イラストで見てもらうとわかるように、星座帯というのは、自転によって見ることができる星々、その中でも天の赤道と呼ばれる部分を12分割し、それぞれに見ることができる代表的な星座を配置したものです。雑誌などに見られる星占いの星座、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12星座です。
この、天の赤道の境目が牡羊座1°なのですが、このスタート地点(春分点)が西洋占星術とインド占星術では違うのですね。理屈は4年に一度、うるう年で時間のズレを調整しているのと同じです。1年が実は365日ではなく、365.2425日であるために4年に一度このズレを調整しているのは周知の事実ですが、天体でも同じようにズレが起こっているのです。
https://www.businessinsider.jp/post-208085
星座帯が、春分点が、という話をしても理解しにくいでしょう。<詳しく知りたい方は、サイデリアル・トロピカルの違い、歳差運動について書いたこちらの記事をご覧ください。>
>固定の西洋、リアルのインド西洋占星術は最初にチャートを定めた2000年ほど前の天体位置を固定し使用しています。対して、インド占星術は、現在の天体の位置を使います。
72年で1°というごく僅かなズレですが、2000年近くズレたおかげで現在は西洋占星術の牡羊座1°よりも24°近く魚座方面にズレているのです。何故西洋占星術で歳差運動を考慮しなかったのかについては、こちらの記事に詳しく書いてあります。<西洋占星術とキリスト教>
これにより、太陽星座が牡羊座だと思っていた私は、実際は魚座であった、という驚愕の事実にぶち当たったというわけですね。<4月生まれの私の太陽星座が牡羊座ではなく魚座だった件はこちらから。>
ということは、あなたの「星占い星座」も実は違っているかもしれません…。
【インド占星術でお試し鑑定してみる!】

インド占星術で何がわかるの?基本的には他の命術とわかることは同じです。基本的な性格や運命、家族、仕事運、結婚運、学業、転職、試練、勉強や芸術、褒章、バイオリズムなどなど…。どういうことを占ってもらえるのか、何を占ってもらえばいいのかわからない!という方向けに事例集を作りました。是非参考にしてみてください。<鑑定事例集>>おすすめのインド占星術活用法<詳しい解説はこちらから>☆自分自身の基本的性格・性質を知る人は生まれ持って与えられた能力があります。やりたいこととやれることが違うのは当たり前。そこを履き違えてあがくのはいいですが、苦しむのは自分自身ですよね。自分自身の持って生まれた能力、価値、活かし方を知るにはインド占星術はまさにうってつけです!☆自分の一生の大まかな流れを知る人間には、運気の良いとき、運気の悪い時、結婚するべき時期、勉強するべき時期、など、大まかな一生の流れがあります。人生のロードマップを知っていれば、動くべきとき、動かざるべきときなど、悩まずに流れに乗ることができるのです!☆毎日の運気・バイオリズム究極に細かくみれば1分1秒に至るまで細分化された運気を知ることが出来ます。そこまで細かいものははっきり言って必要ありませんが、6時間毎くらいまでは結構使えますよ!そこまでとはいかないまでも、1週間のバイオリズムがわかるだけで無理せずピーク・オフピークを利用することが出来ますね!☆結婚適齢期はずばりいつ?!結婚できるのか、離婚運があるのか、結婚するならいつなのか?結構ズバリいうわよ~です。☆1年で各ジャンルの弱い時期を見る夏は胃腸が弱くて…春になるとなんだかよく人にだま戯れます…年末必ず事故るんです…こういったことは実はチャートに現れています。あなたのウィークポイントを明確にし、やばい時期を避けましょう!☆海外旅行へ行くときが実はきまってる?!などなどインド占星術に関わりのある神々インド占星術とインドの神々はもちろん関係があります。各惑星に守護神があり、チャートにも、神々が深く関わっています。そんな神と占いのお話はこちらから!<月のナクシャトラと神々><守護神とマントラ><占星術師はガネーシャマントラを唱えるべし!>インド占星術を勉強したい!インド占星術を勉強したいと思ったとき、一番困ったのは習える場所が極端に少ないことでした。日本におけるインド占星術勉強家は数百人といった程度。ジョーティッシャ(インド占星術師)に至っては、50人以下でしょう。西洋占星術師は勉強している人を含めたら数万人いると言われています。ということは、しっかり勉強したら、日本で100人以内のジョーティシャに簡単になれますね!そんな邪な気持ちで始めたのは私も同じです。実際に、館に所属して対面鑑定所に週2で出演していますが(なぜ鑑定所は「出演」というのかは謎です)インド占星術は私だけです。>インド占星術を学ぶメリット・自分で自分の運命を分析できること・分析が楽しすぎること・勉強に終わりがないこと・難しすぎること(!)・ライバルが少ないこと>インド占星術を学ぶデメリット・難しすぎること・やれるジャンルが多すぎて破綻しやすい・日本語のテキストがほぼ無い・めっちゃ詳しいのを読もうと思ったら、英語ですらない(インドの文章難しすぎる)・直感でわからない・何故かマントラ唱えだして怪しがられがち・日本人の師匠に出会える確率は超低い
>インド占星術に向いている人・レアな占術を探している・計算が得意・突き詰めるのが好き・サンプル集めと分析が大好き・インドの文字が読める・英語が得意・パソコンが使える・運命論者
ゆっくりゆっくり勉強したい人はトラジャのポッドキャストをおすすめします。一緒に勉強頑張りましょう!<ポッドキャストはこちら>
インド占星術の世界にようこそ!
まだまだ語り尽くせないインド占星術の世界。今後もブログでお楽しみいただけたら幸いです!
<鑑定申込みはこちら><お得な体験鑑定はこちら>